• トップページへ
  • 当病院について
  • 最新情報について
  • 外来担当医表 
  • お問い合わせ

大隈病院について

院長挨拶

大隈病院院長 大隈 健英

当院は1951年(昭和26年)より、ここ杭瀬の地で約70年にわたり医療を展開してまいりました。
開院当初から社会情勢は目まぐるしく変化し、人工動態も大きく変化致しました。戦後のベビーブームから、現代の少子化・超高齢化社会へと変化してきました。それに伴い我々医療の在り方も、厚生労働省の指導のもと、きめ細かい対応が求められてきました。現在では、地域連携を柱とした医療体制の構築、健康寿命延伸のための予防・健康管理サービスの創出、リビングウィルの普及・啓発など、国から様々な宿題を与えられております。
それらを履行するためには様々な問題があり、簡単ではありません。その問題を当院では患者さま・ご家族とさまと一緒に思い悩み、個々の患者さまに合った医療を提供してまいります。当院の理念にあります『地域の人々に信頼される病院になる。病める人の心を癒す病院になる』を職員一丸となり実践し、70年間この地に存在してきた価値を高める努力を怠ることなく、日々の診療を務めてまいります。

大隈病院について

地域の人々に信頼される、かかりつけ病院へ

当院は、半世紀以上に渡り阪神南地区を中心に地域医療に貢献して参りました。
診療機能は、急性疾患から慢性疾患に至るまで患者さんが住み慣れた地で医療が受けられるように整備しています。また、在宅療養支援病院として、在宅でその人らしく生活しながら、安心して医療や看護が受けられる24時間体制も整備し、在宅医療の推進を図っています。
「病気を治すだけではなく、患者さんの心も癒す」という病院理念の基に、地域の人々に信頼される病院をめざしています。

基本理念・方針はコチラ

概要・沿革はコチラ

交通アクセスはコチラ

活動・取り組みはコチラ

地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟開設のご案内

当院は、二次救急医療機関として、また、在宅療養支援病院として、これまで地域の救急医療に力を入れて参りました。これに加え、今後は急性期病院で治療され、病状が安定してきた患者様の受け入れも行いながら、効率的かつ密度の高い医療を行うために地域包括ケア病棟を開設致しました。

【地域包括ケア病棟とは】

平成26年度の診療報酬改定に伴い新設された、地域での在宅・生活復帰を目指す病棟です。在宅や施設での療養に不安がある方、もう少しの入院治療で復帰できるような方に対して、「在宅復帰支援計画」に基づき、主治医や看護師、リハビリスタッフ、相談員などが協力して在宅復帰を目指します。
入院期間は、病状にもよりますが最長60日間の療養が可能です。また、かかりつけの患者様の急病等にも従来通り対応できる機能も備えております。

 

【入院費について】

入院費は定額です。

地域包括ケア病棟への入院では、一般病棟と異なり入院費は定額です。
投薬・注射・処置・検査・リハビリ等の費用が含まれています。(一部を除く)
※治療内容によっては自己負担金が増額する場合もあります。

ご本人の負担額は一般病棟とほぼ変わりません。

高額療養費制度により月の医療費は上限が定められていますので、
ご本人の負担額は一般病棟とほぼ変わりません。

ご不明な点は、受付または地域連携課までお気軽にお問合せ下さい。
受付:06-6481-1667


朗源会|グループ|地域の医療介護のネットワーク|朗源会トップへ